遺産

遺産分割協議手続き

遺産分割協議を行うことで、最も大切な目的となるのが「遺産分割協議書」の作成をすることなんです。
では、この遺産分割協議書とは、何に使う物なのか?、何のために作成するのか?
という事を前もって理解しておく必要があると思います。
突然、自分が相続人という立場たった時のためにも、知っておきたい事ですよね。

では、遺産分割協議書の作成する目的には、話し合いで出た記録を残して合意内容を明確にする、
財産となる不動産や預貯金などの名義変更手続きのため、記録を残しておくことで
後々のトラブルを起きないようにするためにも、とても大切な書類となります。

遺産分割協議の話し合いをして、相続人皆さんの内容がまとまったら、
必ず遺産分割協議書を作成して下さい!

そこで、遺産分割協議書の作成方法について、少しアドバイスしたいと思います。
遺産分割協議書という物は、相続人全員で作成することとなります。
話し合いを進めて、皆さんの意見がまとまった状態で書面にします。

この様に遺産分割協議作成に、特別な書式等にルールはありません。
縦書きでも横書きでも問題はありません。また、手書きでもパソコンでもいいそうです。

ここで注意のポイント!トラブル防止のためには、
相続人の住所や氏名は手書きで書いてくという事がいいですね。
パソコンなどでは、簡単に変更してしまうことも可能なので、
しっかり自分の手で書いて確認することが大切になってくると思います。

預貯金や車、株式などの遺産、また債務は詳しく漏れのないように記載しましょう。
なるべく誰にどの財産を言ったように、誰がみても明らかにわかる正確な内容で記載して下さい。
遺産分割協議書を作成した最後には、相続人全員の署名と実印の押印が必要となるので、
漏れのないように全員から行ってください。

そして、1通の作成だけでも問題はないのですが、相続人全員に問題なく保管してもらうためにも、
人数分の作成をしておいた方が、何事もなくまとまりそうですね。

遺産分割協議書の内容については、まだまだ細かい部分はたくさんあります。
基礎的な事をお伝えしましたが、内容はとても深い物となっています。
スムーズに話がすすんで、まとまることもできれば、何の問題もなく
書面として作成することができますが、そんなに簡単にいくとも限らないのが事実です。

少しでも遺産分割協議書について、理解しておくだけでも流れは変わってくると思いますので、
是非参考までに。

Menu