遺産

遺産分割の決まり事とは

では始めに、遺産分割とは被相続人が遺言状を残さずに死んでしまった場合に、
相続人がいる時の遺産は相続人全員の共有状態になるんです。
そして、この共有状態となった遺産をそれぞれの相続人へ配布していく手続きが必要となるので、
この作業のことを遺産分割と言っています。
では、どうやってこの遺産分割の話を進めていくのでしょうか?

遺産分割には期限というものがありませんが、
遺産分割をしていないままにしておくと、共有状態のままになってしまいます。
もちろん、共有者全員のものなのでそのままの状態にしておくという一例も考えることができます。
その内容については、共有者全員の合意や過半数などで決定することもできます。

しかし、後からのトラブルなどを控えたいと考えている方には、この方法はあまりおすすめできません。
取扱いに様々な手続きをする事になるので、なるべく単独で分割しておいた方がいいと思いますよ。

遺産分割の流れとしては、遺言があれば内容通りに話を進めて遺産分割していきます。
しかし、遺言がなかった場合はどういった分割になるかと言うと、相続人全員での協議をします。
それでも協議がまとまらない様な場合には、家庭裁判所の調停で遺産分割をします。
それでもまとまらないと言った場合には、審判。
それでも納得いかない場合は裁判といった流れになります。

このように、遺産分割とは流れがとても複雑になっていることが分かります。
相続人である以上は、遺産を受け取るという責任もあるので、避けては通れないと思います。
そのためにも、内容をしっかり理解しておいて、
何かあった時のためにも困らない様にしておきたいものですね。
知らなかったで済ませないためにも、たくさんの情報から確認してみて下さい!

Menu